結婚式の費用を安く抑えながらクオリティを上げる5つの方法

結婚式の費用を安く抑えながらクオリティを上げる10の方法

楽しみでもあり不安でもある結婚式は何かとお金がかかります。2015年では結婚式最終支払費用は平均で300~350万円未満というのが多いようです。みなさんはこの結果を高いと思いますか?それとも安いと思いますか?

結婚式は一度に払う金額が大きいので、工夫次第で費用を安く抑えたり、より満足できる結婚式にするためにどのようにするべきかポイントをご紹介いたします。

結婚式での譲れないポイントを抑える

式場は絶対にホテルじゃないと絶対に嫌だ!ウェディングドレスは○○○○○というブランドを絶対着る!など、様々な思いがあります。その中で、絶対に譲れないポイントとは何かを考える事が一番重要です。

あなたは結婚式で何を大事にしようと思いますか?

  1. 自分達が輝いている姿をゲストに祝って欲しい
  2. ゲストに楽しんでもらい記憶に残る式にしたい

さあ、あなたはどちらだったでしょうか。これは、1.を選んだ方は結婚式が終わって後々自分達で振りかえって楽しむ2人で、2.を選んだ方は1.の結果+周りの方が結婚式の話題が出たらあなたの式の話をしてくれる様になります。

自分の譲れない事とゲストを楽しませるバランスを大切にして結婚式の準備を楽しんでください。

スポンサーリンク
広告2

持ち込み料金のかからない式場を選ぶ

自分の思いを形にする為に、こだわりが多くなるとと持ち込み料がかかる式場では気づいたら思わぬ出費につながります。

  • ドレスやタキシード、その他小物
  • カメラマン(写真やビデオ撮影)
  • 司会者
  • 引き出物、引菓子
  • ブーケ
  • テーブル装花
  • フラワーシャワー
  • ヘアメイクアーティスト

などが持ち込み料をしてかかる可能性があります。上記などを自分で持ち込みたい方は式場に確認する事をおすすめします。

ドレスや衣装類はネット又は海外で購入

結婚式の費用が多くかかる物の一つとして衣装があります。

式場提携のショップでは1つのドレスで20万円以上かかる方が全体の約60%います。

10万円代のドレスは長年レンタルされているものや、安価な素材が使われていたり、奇抜なデザインなのでで選びづらいという理由で一般的に20万円以上の物に集まる傾向があります。

現在ネットでは10万円代でサイズオーダーが可能なショップが多くあります。店舗もある所も多いので是非参考にしてください。

もう一つは、海外旅行の際に購入する場合です。コスパを考えれば中国や韓国がおすすめです。注意事項としては、日本語が話せるスタッフがいるか、旅行期間中に仕上げてもらえるか、又は日本への発送が可能なのかを確認する必要があります。

ドレス以外にもインナーや手袋、シューズ、小物類と、揃えるアイテムが様々あるので費用を抑えるには、式場提携の業者任せにしないようにするのがポイントです。

映像は自力で作成

披露宴を行う新郎新婦の8割はオープニングムービーやプロフィールビデオなどの各ムービーを使います。その中で約4割の方は自作してます。

最近では作成業者も多く価格もピンキリです。1万円から10万円以上まで様々ありますが、価格が安い物はテンプレートがきっちりしていて希望が叶わなかったり、又はオーダーしすぎると追加料金が発生するのがデメリットです。

自力で作成するにあたりデメリットは時間がかかる事とをクオリティが低くなるおそれがあるという事です。

ムービーを作成するにあたりwindowsではmovie maker、macではiMovieが無料で搭載されていますので、無料のロイヤリティフリー動画を使い写真と組み合わせて作ると簡単に作れます。

作った事がないので不安という方は有料の作成ソフト(かんたんウェディングフォトムービー…etc)もあるので、より簡単に作成する事ができます。

カメラマンは外部業者に発注

基本的に結婚式場では提携のカメラ業者がいますが、過去のアルバムと式当日のカメラマンが撮った写真を見せてもらいましょう。

提携業者はアルバイトのカメラマンが多く、多忙期になればプロのカメラマンにあたるのは厳しいです。特にカメラマンは持ち込み料がかかってしまう事が多いので裏ワザとして、参列者として入ってもらう事をお勧めします。

結婚式の写真をメインにとるフリーカメラマンがいますのでサイトを訪問して気に入る作品を見つけてお任せするのがベターです。価格も安くなおかつ、自分の気に入った写真が撮ってもらえるのでおすすめします。

 手作りアイテムでゲストへ感謝の気持ちを伝える

なんといっても、手作りに勝る物はないと思います。席次表やウェルカムボード、席札など様々なアイテムを自作する事でオリジナリティを出せるし、なんといっても感謝の気持ちが伝えやすいです。

まとめ

費用を抑える事も大事ですが、2人の為に時間を作って頂きお祝いに来ていただけるゲストに楽しんで頂く事が大切です。

アイデア次第で予算を抑えつつ2人らしい結婚式を作ってください。

スポンサーリンク
広告2
広告2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です