結婚式の準備ってそもそも何から始めればいいの?

プロポーズをされて(して)、結婚式をすると決めたのはいいけどスケジュールや、そもそも何から始めればいいかなど、わからない事だらけです。

知人の結婚式に行った時に、良い式または、あまり良くない式だったと感じる事はありませんか。

初めて式を挙げるという方が多い中で、良い式だと感じる結婚式とあまり良くないと思う結婚式には、準備がしっかり出来ていたかというのも大きく関わってきますので是非ご覧ください。weddingsongdesign_logo

スケジュールの確認

新郎新婦で挙式の候補日程を大枠決めます。8月から10月の間、とか12月で7の付く日など。

日付指定では挙式までに日数の少なかったり、ぞろ目の日などの覚えやすい日程は式場が人気ですので予約取りづらい場合があります。

日程を気にしない方は半年から一年ぐらい余裕をもって考える方がベターです。

ちなみに、式場へのお申込みの平均は半年前ですが、様々な事情の中で1年以上かけたり、3か月未満で挙げたり様々です。

ざっくりしたイメージ作り&優先順位を決める

どんな結婚式をしたいか想像した時に、あなたは何を着ていましたか?和装ですか、それともドレスでしたか?

今思い描いている大きいイメージやキーワードを紙に書いてください。そして、希望項目をピックアップし譲れない順に優先順位をつけましょう。

教会式or神前式?場所は地元orリゾート? 予算は?プログラムで外したくない事は?など、ざっくりとしたイメージで大丈夫です。今後の内容を決めるにあたり、2人の指標になります。

ブライダルフェアをチェックする

イメージを膨らませていったら、経験した事がないので悩む所もあったと思います。では、先ほどのイメージで、絶対に外せない所がある方は、まずその項目がクリアしている会場をチェックしましょう。その中で、他の優先順位に入っている(気になる)所をピックアップしましょう。

ブライダルフェアに参加する

ブライダルフェアに参加する際は、きっちりと目的をもって行く事が大事です。優先順位の所が自分の中でクリア出来ているかが指標になります。

予定挙式日から余裕のある場合は、本命ではなく気になる程度のブライダルフェアに参加してください。

ブライダルフェアに参加すると「今日申込みすると◯◯円引き!」などの特典があります。

また、実際に式場を見ると気持ちが舞上がって勢いで申し込んでしまう可能性もありますので、事前にブライダルフェアで何をチェックしたいのか明確にしておきましょう。

相手も商売ですので、選んで貰えるように譲歩する可能性がありますので、流されないよう自分達の意思はきちんと伝えましょう。

式場の決定

決定を入れる前に、一度親には相談しておきましょう。親戚事で親しか知らない情報もありますので快く来てきただけるように配慮しましょう。

式自分達の優先順位と実際にブライダルフェアに参加して得た情報を照らし合わせ決定します。

ここで落とし穴として代金の支払い方法が重要になります。ホテルだと手付金を入れて挙式の何週間か前に全額支払の式場も多いので必ず確認しておきましょう。

プランナーさんと内容とスケジュールを決める

結婚式までの日程を考慮しプランナーさんがスケジュールを組んでくれます。それに沿って進みます。

プランナーさんとの相性も重要になってきますので、一生に1回の結婚式を任せても大丈夫かの判断はしっかりしましょう。

まとめ

ブライダルフェアにたくさん参加したり、色々調べたりしていくうちに妄想が膨らみがちになります。理想を追いすぎると予算オーバーになったり、コンセプトがボヤけてしまうので、優先順位を事前にしっかり決めて絶対に譲りたくないものを明確にしてから進めましょう。

スポンサーリンク
広告2
広告2
スポンサーリンク
広告2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です