披露宴会場は禁煙にするか喫煙にするか?

こんにちは。乙女ロココです。

披露宴会場を禁煙にするか、喫煙にするか悩んだりしませんか?

結婚式場によっては、禁煙か喫煙か選べるところがあります。

ふたりとも非喫煙者であっても、主賓や上司が喫煙者だったりすると演出の際に外に出ていくのも悲しいし、非喫煙者にとっては辛い場所になるかも知れませんので悩んでしまいますね。

という事で最近のトレンド事情を調べてみました。

披露宴喫煙禁煙

スポンサーリンク
広告2

会場側は喫煙派?禁煙派?

結論から言うと、会場によって異なっています。

ホテルなどの宴会場の場合は、”禁煙”か”喫煙”を選べるところが多いようです。

しかし、比較的新しい結婚式場などでは、”禁煙”と決まっているところが多いです。

いずれの場合も披露宴会場近くに喫煙所を設けています。

レストランは会場によりますが、横浜市などでは受動喫煙防止条例で禁煙のところもあります。

テラスがある場合だと、テラスを喫煙所にする場合もありますし、会場のつくりによっては分煙ができるところもあるようです。

そのため、”禁煙”か”喫煙”かはっきり決まっている場合は、会場選びの時点で会場に確認しておく必要があります。

禁煙の会場にしたい場合

ゲストの中に喫煙者がいる場合、特に主賓が喫煙者であった場合、会場を禁煙とするのは失礼にあたるのでは?と心配になります。

どのように説明をするべきかを紹介いたします。

解決策

あらかじめ”禁煙”であることをゲストに伝え、喫煙者に協力を呼びかけるようにすれば、特に問題は生じないようです。

招待状に

皆さまにお食事をおいしく召し上がっていただくため、

会場内は禁煙といたします。

喫煙される方にはご不便をおかけいたしますが、

何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

などとメッセージを入れておくと良いでしょう。

注意点

披露宴会場を禁煙にした場合、特に喫煙者のゲストが多いと喫煙のために会場外の喫煙スペースに集まってしまいます。

乾杯直後やメイン料理を食べ終わった後は、タバコを吸いに行く人が多くなりがちです。

次の演出が控えている場合は、外にいる喫煙者に呼びかけて、披露宴会場内に戻ってもらう必要があります。

そのため進行が遅れることも考えられますので、司会者の方との打ち合わせの機会には一言添えてもらうお願いをしたり注意が必要です。

会場内を喫煙にしたい場合は?

タバコを吸わない側からすれば、タバコの煙は不愉快でなりません。

席次などの配慮が必要になります。

また、結婚式は大切な衣装で参加している場合も多く、タバコ臭くなるのは避けたいと思う人もいるでしょう。

せっかくのおいしい料理も、タバコの臭いで台無しに・・・というゲストからの不満足な意見があるかもしれませんので、配慮が重要となります。

ゲストに子供や妊婦がいる場合

受動喫煙は避けたいものです。

なるべく喫煙者からは離れた席を用意しましょう。

妊婦がいる場合は、喫煙者に伝えておくと良いでしょう。

タバコが苦手なゲストがいる場合も同じように、席を工夫し、喫煙者にも伝えておくと安心です。

時間制の”喫煙”もアリ

多くの喫煙者はメイン料理のあとにタバコを吸いたくなるようです。

そのため、メイン料理までは禁煙とし、メイン料理のあとから喫煙可にします。

席次を工夫できたなら、全席喫煙可にするのも良いですが、会場内に喫煙スペースを作るとさらに良いと思います。

なるべく、喫煙者の席は集まるようにし、その近くに喫煙スペースを作ると良いでしょう。

会場内のゲストが減りすぎることもなく、演出を進行できますよ。

まとめ

”禁煙”はまさに世の流れ。

披露宴会場が”禁煙”だからといって、大きなトラブルが発生したという話は、最近はあまりないようです。

今や結婚式は”禁煙”というのが常識になりつつあります。

ヘビースモーカーのゲストがいたとしても、「禁煙とさせていただきました」ときちんと伝えれば理解を得られるものです。

昨今喫煙の場所が減っているので喫煙者もタバコを吸える場所、吸えない場所の理解がありますので”禁煙”にすることをオススメします。

スポンサーリンク
広告2
広告2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です