結婚式に呼ばれた女子の服装マナーと男子目線

こんにちは、子猫のおデコです。

結婚式に呼ばれた時に着る服装のマナーでは、憶測が結構色々ある様でしっかりマナーをわきまえる方と、個人的な観点でこんな女子がいたらいいのに!という見方で紹介いたします。

あまり言っていなかったですが、子猫のおデコはアパレル系のディレクターもしてますので服については結構詳しいですよ。

TPOに合わせて服装を選べる女性はとても素敵な事ですので是非参考にしてください。

服装

スポンサーリンク
広告2

NGな服装

白系のドレス

白系のドレスというのは花嫁だけに与えられた特権とされているので、控えた方がいいでしょう。

写真に残った時”どっちが花嫁?”となる可能性があるのでこの人は常識があるのか?という印象になりますので注意してください。

これは、マストでしない様にしてください。

写真でトップの寄りで撮られる事もあるのでボレロなどの羽織りアイテムも出来るだけ避ける様にしてください。

ミニ丈や肩出しドレス

これは、時間帯にもよりますがデザインによっては新婦より目立ってしまう場合があるので避けた方がいいでしょう。

どうしても着たい場合は、時間帯や参列者の年齢層を聞いて、若い方が多い場合で夕方などではありだと思います。

太ももが出すぎる服装はNGです。基本的にミニ丈はごまかしが効かないので避けた方がいいです。

肩が出るようなドレスの場合ではボレロやストールなどで隠す事が出来るので場に合わせる事が出来ます。

ファーなどの毛皮アイテム

一見ゴージャスで問題なさそうなファーアイテムですが、動物を殺傷している連想をさせるという事であまりおすすめはしません。

あとは、毛は抜けやすいので食事の際に抜ける場合がありますのでリクス管理として出来るだけ着用しない様にしましょう。

黒のストッキング

黒のストッキングは引締め効果もありますので着用したいという意見もありますが、重いのでNGです。

黒のストッキングをどうしても履きたい場合は、模様や柄の入ったおしゃれやこだわりで履いている印象を与えるものが良いでしょう。

喪をイメージさせない様にすれば特に問題はないのでそこを気をつけてください。

上記の4つは年齢層にもよりますが、とりわけ気にする方が多い所をPICK UPしました。

ミニ丈や肩だしは度合にもよりますが、ファーや白系は基本やめましょう。

参列者としてはやはりミニ丈や肩だしの女の子は気になるものですが今後の交友関係をふまえてしっかりドレスは選んだ方がベターです。

最強のお呼ばれドレス

老若男女に好感度の高い印象にしてくれる物を紹介いたします。

明るいカラー&素材

結婚式というはれの日に来ていく上で最も喜ばれるのは明るい色です。

詳しくは色はそこまで気にしなくてもいいのですが彩度と明度を気にしましょう。

例えばブルーでもスカイブルーとネイビーではどちらが華やかですか?

素材がサテンと綿ならどちらが華やかですか?

素材と色の組み合わせで華やかさがほぼ決まります。(ピタッとしたラインの物でなければ)

サテンのようにぱっと見るだけで華やかさが伝わるドレスを選ぶのがベターです。

素材が華やかだと色はそんなに気にしなくても華やかになりますよ。

やさしく上品さがある服装

やさしさや上品さをいかに出せるか・・・というのもポイントになります。

デザイン性のないドレスは堅い印象に受けますので、やさしさを出す為にシフォンやレース、オーガンジーなどの素材を使っているドレスをおすすめします。

出来るだけ非日常の空間を演出する事がギャップにもつながるので今後の話題にもなります。

目的別ファッション

ここからは私見ですが結婚式に今まで20回以上行っている子猫のおデコによる見解です。

新婦を真剣に祝うファッション

化粧は通常より少し濃いめで、ネイビーのマットサテン生地のネイビー系で短丈のボレロとヌーディなストッキング、パンプスはシンプルな物を履いているのという出で立ちが新婦を真剣に祝っているという印象を思い立たせます。

参列者(男目線)も気にするファッション

結婚式ではここも重要なポイントだと思います。

仕事場では女子畑で出会いの場が少ない方もいらっしゃると思います。

声をかけられやすいファッションのポイントとしては他より光っているか、という事が重要になります。

決して派手という意味ではないです。

少し光るポイントを入れるのが重要です。どういうファッションでくるのかは行ってみないとわからいのですが大事なポイントとしては自分を出す所を作る事です。

何でそれつけているの?というポイントです。

結婚式では同じような服装をしている事が多いので少し違えば目立ちますのでそこで個性を出すのがそのあとの話にも繋がるし、男性にとっても突っ込みやすいポイントになるでしょう。

まとめ

結婚式の参列をする事の目的をしっかりしないと流される場合が多いので、自分の目的もしっかり持つことも重要です。

仲のいい方だけではなく、仕事上行かなければならないような事もあるので自分のメリットも含めて服装を選ぶ事をおすすめします。

スポンサーリンク
広告2
広告2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です