ウェディングドレスは数万円で買える時代!メリットデメリットを解説

ウェディングドレスは数万円で買える時代!メリットデメリットを解説

こんにちわ。さやかです。ご覧いただき、ありがとうございます。

ウェディングドレスはレンタルするものだと思っていませんか?

最近はレンタルするよりずっと安い値段でウェディングドレスが購入できます。

でも、ウェディングドレスを購入したら持込料がかかるのでは?などと不安もたくさんあるかと思います。

今回はウェディングドレスの購入について、メリットとデメリットを調べてみました。

そもそも何でレンタルが一般的なの?

昔から、結婚式などには普段着ることのできない高価な衣装を”借りて着る”というのが一般的でした。

また、日本ではパーティーが頻繁におこなわれているわけでもなく、高価なドレスを持っていても活用できないため、レンタル衣装が主流となっています。

そして現在は、結婚式場と貸衣装店が提携をおこなっており、お互い収益がでるように協力しているので、外部からの持込衣装は不可だったり、持込料が必要だったりします。

そのため、日本ではずっとレンタルが一般的になっているのです。

ドレス購入のメリット

トータル金額が安い

前撮りや二次会をするなら、購入のほうが断然安くなります。

前撮りでもウェディングドレスを着る場合、結婚式当日のレンタル料とは別に、前撮りでの着用料金が必要になります。

二次会でもウェディングドレスを着る場合は、さらに二次会会場への持ち出し料金や追加レンタル料がかかります。

そのため、ウェディングドレスをレンタルする場合、

前撮り料金 + 結婚式当日料金 + 二次会料金

が必要になるので、トータルで40~50万円くらいかかるのが相場です。

多少汚れても大丈夫

結婚式本番は介添の方がサポートしてくれるので、そんなに汚れることはありませんが、二次会は基本的に介添の方がつかないので、思わず汚れてしまうことも考えられます。

また、お酒も進み、気分も盛り上がり、うっかり!なんてことも珍しくありません。

レンタルドレスの場合、汚れたり、破れたりしてしまった場合、クリーニング代や補修料金などが必要になります。

新品が着られる

レンタルの衣装は、ほとんどが新品ではありません。新品だったら、すごいラッキーです。

過去にたくさんの花嫁が着ており、その都度、その花嫁に応じたサイズに調整しているので、ちょっと生地が疲れている場合もあります。

純粋な白ではなく、くすんでるなと思うこともあるでしょう。

しかし、購入ドレスは新品を買えば、まっさらな状態なので、生地もハリがあり、生き生きしているはずです。

純白なウェディングドレスを求めるなら、購入しかありえないのです。

自分好みにカスタマイズできる

レンタルのウェディングドレスは、決まったものの中から選ぶしかありません。

「シルエットは好きだけど、この大きなリボンはいらないな」なんて、ちょっとだけ気になる部分があることも、しばしば。

購入のウェディングドレスだったら、自分のものなので、いくらでもカスタマイズができます。

不要な装飾品を外したり、シンプルなドレスを購入して自分好みの装飾を追加したり。一からドレスを作るのは大変だけど、ちょっとしたアレンジなら不可能ではありません。

友だちに手伝ってもらったり、お母さんと一緒にアレンジするのも良いでしょう。

世界にたった1つの自分好みのウェディングドレスを着ることができます。

ドレス購入のデメリット

結婚式場が限られる

そもそもドレスの持込みが不可という会場もあります。高額な持込料を請求する会場もあります。

お気に入りの会場がある場合は、事前に確認する必要があります。ただ、表向きは持込みNGの会場でも、ブライダルフェアなどに参加して、「ここで結婚式をしたい!」という熱意を伝え、ドレス持込みの交渉をすれば、少し譲歩してくれる可能性もあります。

レストランウェディングなどは比較的、持込料がない会場が多いように感じます。

ドレスの持込料がない会場は、以下にまとめているので、参考にしてみてください。

結婚式プランに衣装レンタルが含まれている場合は注意

結婚式プランに衣装レンタルが含まれている場合があります。私が結婚式をしたときは、20万円分のウェディングドレスレンタル料金が含まれていました。

その場合は、あえてウェディングドレスを持込むと、総額が高くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

しかし、プランに含まれているウェディングドレスのレンタル料金は、提携ドレス店の最低金額の場合が多いです。

私が結婚式をしたときの”ウェディングドレスレンタル料金20万円”というのも、最低ラインでした。最初に提案されるウェディングドレスは全て、20万円を超えるものばかり。かわいいドレスは高額なんです。

お気に入りのドレスをレンタルすると、追加料金が発生することも考えられます。

結婚式プランにウェディングドレスのレンタル料金が含まれている場合には、提携ドレス店でお気に入りのドレスがあるのか、追加料金は発生しないのか、前撮りや二次会はどうするのか、など総合的に比較する必要があります。

結婚式後に荷物になる

自分のドレスなので、自分で持って帰る必要があります。

ふわふわのウェディングドレスはかさばるので、大きな荷物になってしまいます。

家の中にしまうのも、大きいので邪魔になる可能性があるのが難しいところ。

しかし、結婚式後に新婚旅行に行くのであれば、多少大きい荷物にはなりますが、持っていき、新婚旅行先でフォトウェディングをするのもおすすめです。

最近は『バウリニューアル』といって、結婚記念日などに「2回目の結婚式」と称して少人数でセレモニーをするカップルもいます。

もともと海外でバウリニューアルをするカップルが多かったのですが、日本でも芸能人がバウリニューアルをしたというのが話題になり、徐々に人気がでています。

もしも今後バウリニューアルをするのであれば、結婚式で着用したウェディングドレスがあると重宝しますね。

さらに、ウェディングドレスはベビードレスにリメイクすることもできます。

結婚式後、どうしてもウェディングドレスが不要な場合は、メルカリやリサイクルショップで販売することもできます。

布団用などに販売されている真空パック袋を使えば、コンパクトにもなります。

アイディア次第で、活用方法は無限大。使用後のウェディングドレスも無駄にはなりません。

どこで購入できる?

私がおすすめするのは、BUYDRESS です。

Hanayume(ハナユメ) などでも紹介されているショップです。

オンラインのみの販売ですが、工場の直接販売のためコストカットができ、リーズナブルな価格で高品質なドレスを購入することができます。

採寸は自分でするのですが、セミオーダー方式なので、自分のサイズにあうように仕立ててもらえます。

最高級ウェディングサテンを使い、職人さんが一着一着作ってくれるので品質も安心です。

さらに、ウェディングドレスの種類もたくさんあります。

ざっと人気のウェディングドレスを紹介しましたが、様々なタイプのウェディングドレスが何百種類も用意されています。二次会向きのドレスや、カラードレスもあります。

1万円代から販売されており、送料も無料なのでおすすめです。

まとめ

昔はウェディングドレスを購入するとなると高額なものばかりで、買うのが難しいため、レンタルするのが一般的でした。

しかし最近は、数万円程度で購入できるドレスショップが増えており、容易に購入することができます。

私の知り合いは中国で購入したウェディングドレスを着て、結婚式をしていました。2万円程度と言っていました。

その結婚式に参列しましたが、2万円のウェディングドレスを着ているとは全く思いませんでした。

レンタルのウェディングドレスに何十万円もかけるのは、もったいないと思いませんか?

わずか数万円で購入できる、ウェディングドレスが現在はたくさんあるのです。自分だけのとっておきのウェディングドレスを探してみてはいかがでしょうか?

ウェディングソングデザインカフェ