結婚式準備に大活躍するMicrosoft Officeの使い方

結婚式準備に大活躍するMicrosoft Officeの使い方

こんにちわ。さやかです。

Microsoft Officeはご存知ですか?

学校や会社で使う、WordやExcelがMicrosoft Officeの一部です。

そんな身近なソフトを使って、結婚式準備ができるので、ご紹介します。

Microsoft Officeの種類

私が特によく使う、おすすめは以下の3種類です。

Excel

会社などで使っている方も多い、いわゆる「表計算ソフト」です。

その名のとおり、表を作ったり、予算管理をしたりするのに便利です。

使い方によっては、このあと紹介するWordのように、招待状やカードなどのデザインを作成することも可能です。

私は使い慣れているからか、Excelが一番便利で使いやすいです。

Word

こちらも会社などで使っている方も多いソフトです。文書作成に適しています。

案内状や出欠ハガキなどのペーパーアイテムを作成するのに便利です。

席次表だって、席札だって、結婚報告ハガキだって、ありとあらゆるペーパーアイテムを自分で作成することができる、スーパー便利なソフトです。

Power Point

プレゼンなどでよく使われるソフトですが、使い方次第でプロフィールムービーなどの映像演出を作成することができます。

画像ソフトをわざわざ買わなくても、Microsoft Officeがあればムービーだって作成できちゃうんです。

しかも、ExcelやWordと基本操作は共通しているので、改めて使い方をを勉強しなくても、感覚である程度使えます。

Wordのように、ペーパーアイテムを作成するのにも活用できます。

結婚式準備での活用方法

予算管理表

予算管理表

結婚式費用は結婚式場に支払う費用だけではありません。個人で買い揃えたり、何かとお金を使います。

気がつくと、予算オーバーに・・・という悪夢も他人事ではありません。

そこで便利なのが、Excelで予算管理をすることです。

今、どれくらいの金額を使っているのか、あと、どれくらいの金額が必要なのか、一目でわかるように管理したいですね。

招待者リスト

招待者リスト

ゲスト人数の把握や、招待状送付、出欠確認など、管理表がないと、誰に声をかけたのか、誰が来てくれるのか、わからなくなってしまいます。

住所や電話番号も一緒に管理すると、招待状送付の際や引出物を配送にする場合などに便利です。

Microsoft Officeが用意してくれている「招待者リスト」はExcelで作られているので、自分で必要な項目を追加してカスタマイズができます。

食品アレルギーの管理や、二次会出欠管理など、ゲストに関する様々な情報を一括管理すると、とても便利です

席次表&プロフィール

席次表
プロフィール

プロフィール付きの席次表を、結婚式場で依頼すると、1部あたり数百円かかります。どれをゲストの人数分用意するわけですから、結構費用がかかります。

このテンプレートを使って、自分でオリジナルの席次表を作成すれば、費用も抑えられるし、ゲストも楽しめるので、おすすめです。

私はこのテンプレートを使ったわけではないですが、自分たちで席次表を作成し、印刷業者へ印刷を依頼してオリジナルの席次表を作りました。

ゲストの評判も高く、本当に作って良かったと思っています。


ムービー

ムービー

Power Pointでムービーを作ることもできます。

Microsoft Officeのホームページには、オープニングムービー、プロフィールムービー、エンディングムービーなど様々なムービーのテンプレートが用意されています。

しかも、それぞれのテンプレートは1つだけではなく、何種類も用意されているので、好きなイメージのテンプレートを選ぶことができます。

動画制作のハードルが高く感じている方も、テンプレートを使って、写真の入れ替えや文字の入力だけでムービーが作れるとなると、自分にもできそうな気がしませんか?

Microsoft Officeを使うには?

Microsoft Officeを使うには、ソフトをパソコンにインストールしないと使えません。

もともとパソコンに入っているものもありますが、入っていないものもあります。

パソコンにMicrosoft Officeが入っていない場合は、ソフトを購入する必要があります。

電器店やパソコン専門店、またはamazonやMicrosoftのホームページから購入することもできます。

Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

新品価格
¥34,160から
(2019/4/20 22:32時点)

Office365サービス

Microsoft Officeには、「Office365」というサブスクリプションサービスもあります。

一度に数万円支払って、ずっと使えるソフトを購入するのではなく、利用料を支払っている間だけ使えるという方法が、「Office365」というサービスです。

結婚式の準備でしか使わないというのであれば、「Office365」を利用したほうが安いかもしれません。

1か月間、無料で試すこともできるので、一度使ってみてから購入を検討することもできるので、おすすめです。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

新品価格
¥11,581から
(2019/4/20 22:33時点)

公式サイトで詳しく見る

まとめ

やることが多くて大変な結婚式準備。

使い慣れているソフトで結婚式準備ができると、作業効率も上がります。

会社でしか使わないと思っていたExcelやWord。使い方次第では、結婚式準備に大活躍します。

私は今回調べていて、Power Pointでムービーが作れることを初めて知りました。

知り合いに、Power Pointでプロフィールムービーを作った方がいて、見せていただいたところ、私の知っている、会社のプレゼンで使うPower Pointのスライドショーとは全く別物。本当にプロフィールムービーになっていました。

Microsoft Officeが様々なテンプレートを用意してくれているので、写真や文字を編集するだけで、簡単に自分たちらしいものを作ることができます。

自分たちで作れば、費用も節約できるし、自分たちらしい、ゲストも楽しめる結婚式になります。

今回紹介したアイテム以外にも、Microsoft Officeでは、結婚式で使える様々なテンプレートを用意してくれています。

まずは、何か1アイテムだけでも、作ってみては!?

公式サイトで詳しく見る
オリジナル曲を作ります!