1部100円!Wordで簡単にできるオリジナル席次表で感動手作り結婚式

結婚式費用削減!Wordで手作り!オリジナル席次表の作り方

こんにちわ。さやかです。

結婚式のペーパーアイテムって、ゲスト1人1人にお渡しするものだから、意外とお金がかかりますよね?

また、ペーパーアイテムは結婚式の雰囲気を作る、重要なアイテムでもあります。

こだわれば、こだわるほど、お金がかかる。

そう思っていませんか?

今回は私の実体験でもある、オリジナル席次表を手作りして、結婚式費用を削減する方法をご紹介します。

席次表の平均価格

全国平均:387円/1部

ゼクシィ

1冊387円ということは、ゲスト80人の場合、30,960円です。

さらに、プロフィールなど、席次表以外の内容を加えると、追加料金が発生します。

カラー印刷にするのも追加料金が発生します。

何かやりたいことを増やせば、料金が高くなっていきます。

ちなみに、私が利用した結婚式場では、席次表1部あたり500円くらいでした。

実体験からの提案

結婚式場で席次表を発注すると、デザインも決まっているし、値段も高い。

そこで、私たちは自分たちで席次表を手作りし、持ち込むことにしました。(持込料は不要でした)

デザインは友人の力も借りて、自分たちでおこない、印刷業者に製本だけ依頼しました。

私たちは通販カタログをモチーフに考えたので、冊子タイプの席次表を作ることにしました。

A4サイズ、8ページの冊子を全ページカラーで100部作成し、金額は1万円くらいでした。

単価にすると、1部あたり100円です!

ちなみに、ネット印刷業者の『ラクスル』では同条件(A4サイズ、8ページ、全ページカラー印刷)で受付から7営業日後の納品を選んだ場合、100部で5,454円(税別)です!

↓公式サイトはこちらから

オリジナル席次表を手作りした理由

私たちがオリジナル席次表を手作りした理由は、費用削減のほかに3つあります。

①ゲストに楽しんでもらいたいから

挙式終了から披露宴が始まるまでに、どうしてもゲストに待っていただく時間が発生します。

その時間つぶしになればなと思いました。

②ゲスト同士の会話のきっかけにして欲しいから

初対面で同じテーブルになるゲストもいたので、そのゲスト同士の会話のきっかけになればという思いです。

私たちがゲスト1人1人を紹介するページを作り、どんな繋がりなのか、どんな人なのかを記載しました。

③ゲストに持ち帰って欲しいから

ただ単にゲストの名前だけが記載された席次表は、披露宴会場に置きっぱなしにして帰るゲストも多いと聞きました。

せっかく、お金をかけて作成した席次表なのに、数分見るだけで捨てられるのは悲しいです。

だから、たくさん読んでもらえて、楽しんでもらえて、できれば記念に持って帰っていただける席次表を作りたいと思ったのです。

オリジナル席次表にした感想

私たちの願いどおり、ゲストに大好評でした!!

披露宴が始まるまでの待ち時間、待合室での写真には、ゲストが席次表を読んでいる様子が写っていました。みんな見てくれています。

結婚式の待ち時間

初対面のゲスト同士も、ゲスト紹介文を読んで、共通点を見つけたり、親近感がわいたりしたと言っていました。

そして、何より、席次表を置いて帰るゲストが1人もいなかったことが、とても嬉しかったです!

オリジナル席次表の作り方

自分で席次表をデザインして、印刷業者へ依頼すると、非常に安く作ることができます。

しかし、印刷業者に依頼するというのは、専用のソフトで作成する必要があるのかなど、ハードルが高く感じますよね?

でも、大丈夫!!おなじみのソフト、Wordなどで作ったデータでも、印刷してもらえます。

①何ページの席次表にするか考える

まず、印刷業者のメニューから、席次表の大きさとページ数を決めましょう。

2つ折りのパンフレットタイプもあれば、数ページの冊子タイプもあります。

印刷業者は数多くありますが、ネットで簡単に依頼ができ、商品種類が多く、PDF形式での入稿が可能、値段も安いので、私は『ラクスル』がおすすめです。

↓公式サイトはこちらから

②Wordで席次表を作る

Microsoft Officeのホームページにテンプレートが用意されています。

それを利用すれば、とても簡単に作ることができます。

Microsoft Officeの席次表テンプレートページはこちら

③席次表以外のページをデザインする

私たちは、表紙、裏表紙のほかに、見開きが3ページありました。

最初の見開きページは、自分たちのプロフィールと、お互いの好きなところ、嫌いなところなどをインタビュー形式でまとめました。

Wordで手作りできて費用削減!オリジナル席次表の作り方

次の見開きページは一般的な席次表。

最後の見開きページは、ゲストを1人ずつ、どんな方なのか一言紹介文を載せました。

結婚式席次表アイディア

④印刷業者に注文&入稿する

印刷業者の入稿方法を確認し、適したフォーマットで入稿します。

『ラクスル』の場合はPDF形式での入稿が安心です。

Wordで作ったらPDF形式で保存して、データを入稿しましょう。

⑤製本された席次表が届く

印刷業者にもよりますが、ネットで注文したものは、基本的に指定した住所へ配送されます。

結婚式場の方と相談して、結婚式場に直接配送してもらうのか、いったん自分たちで受け取ってから結婚式場に持っていくのか、注文前に決めておきましょう。

Wordがない場合

パソコンにMicrosoft Officeが入っていない場合でも、あとから追加できます。

Microsoft Officeをamazonなどで購入し、パソコンにインストールすることで使えるようになります。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限

新品価格
¥11,581から
(2019/1/22 23:16時点)

値段が高いと思う方には、KINGSOFT Officeという代替ソフトがあります。

30日間の無料体験期間があり、購入価格もMicrosoft Officeの約1/7でコストパフォーマンスが抜群です。

見た目や操作方法はWordとほぼ同じで、同じフォーマットで保存できます。また、PDF形式にもできるので、『ラクスル』などの印刷業者への入稿も安心です。

↓公式ページはこちら

まとめ

自分でデザインしたり、入稿したりするのは、ハードルが高く感じますよね?

私も最初はそう思っていました。

だけど、ゲストがなんとなく見ている既成の席次表に、高い料金を払うのはもったいないと思いませんか?

今はネット上に様々なテンプレートがあるし、ふたりが心を込めて手作りした席次表は、ゲストも興味津々で見てくれます。そして思い出になります。

さらに、そのような楽しめる席次表のほうが、既成のものより安く作ることができるのです。

私は、席次表を自分たちで手作りして本当に良かったと思っています。今でも額縁に入れて飾っています。

ちょっとの頑張りで、すてきな思い出が残ります。

ぜひ、みなさんもオリジナル席次表を手作りして、とっておきの思い出を作ってみてください☆

オリジナル曲を作ります!