二次会と結婚披露宴をバランス良く準備するコツ

こんにちわ。乙女ロココです。
結婚式の準備ってあれこれ大変ですよね。

2人とも働いてたら、なおさら。
仕事して、準備して、仕事して、準備して・・・
疲れがたまって、ケンカが増えちゃうかも。

無理なく、良いバランスで結婚式も二次会も大成功をして欲しいから、自らの経験に基づいたコツをお伝えします。

スポンサーリンク
広告2

まず幹事を決めましょう

このアイディアをお伝えするうえで一番重要なのが幹事さんです。

自分のことをよく知ってくれている友人にお願いするのも良し、慕ってくれている後輩にお願いするも良し。

どんな間柄でもOKなのですが、肝心なのは幹事さんのキャラと性格

多くは幹事さんが二次会の司会をするし、二次会の雰囲気は幹事さんのキャラクターが色濃くでます。

色々お願いするわけだから、色々言える間柄の人を選ぶのはもちろんですけど、イメージする二次会の雰囲気に合った人を選ぶことが非常に重要となります。

会場を決めましょう

幹事さんを決めてから、幹事さんと一緒に会場を選んでもOKですが、幹事さんを選出しつつ、会場も選び始めているとGOODです。

会場選びって色々な会場に足を運ぶ必要があるので、最初の段階から幹事さんを巻き込むと、幹事さんにとって大きな負担になってしまいます。

なので、先に2人で会場を絞ることをオススメします。

ネットなどで自分たちのイメージや披露宴会場との交通の便、予算などを考慮し、大まかに選びましょう。
そして2~3個にしぼって、実際に足を運びます。

近くの場所で数カ所なら幹事さんも一緒に連れていっても良いでしょう。

幹事さんとの打ち合わせは1回だけ

打ち合わせで集まるのは幹事さんにとっても、結婚式準備に追われる2人にとっても負担です。
だから、打ち合わせは最初の1回だけにします。

決める内容はお金のこと。

会費はいくらにするか、何人くらい集めるのか、予算はいくらか・・・
お金関係は最悪の場合、争いごとになりかねないので、幹事さんと新郎新婦でしっかり話し合います。

意見があるなら必ず伝えておきましょう。

あとからでは遅いし、ズルいし、幹事さんの二度手間になる可能性もあります。

だから、打ち合わせ前には新郎新婦2人の意見は決めておきます。

幹事さんとの打ち合わせの時に2人の意見が噛み合ってないと、困ってしまいますよね。

あとは幹事さんに丸投げ

会場と予算を決めたら、あとは幹事さんに丸投げします。

中途半端に口出しするのが、幹事さんにとっては一番やりにくいです。

二次会の内容や、ゲームの景品など、全て幹事さんに丸投げして、2人は結婚披露宴の準備に集中します。
役割を完全にわけることで、お互いスムーズに準備ができます。

そのため、信頼できる幹事さんを選ぶことが、とても重要なのです。

実体験の話

私の場合はまず、新郎と2人で会場巡りをおこない、先に会場を決めました。

幹事選びは慎重におこないました。

新郎側には任せたい知人がいないとのことでした。
私は出身地と結婚式をする土地が離れていたので、学生時代の友人にお願いするのは負担だから避けたいと思っていました。

そこで思い浮かんだのが、職場の先輩です。

二次会の幹事をよくやっているという話も聞いていたし、職場の飲み会の幹事もよくやっていて、司会進行の雰囲気は信頼できるものでした。

新郎も納得してくれて、先輩に幹事を快く引き受けていただきました。

男性の先輩だったので、女性目線のサポートも必要という希望があり、女性の先輩も幹事に加わってくれることになりました。

こうして、男女1人ずつで計2名の先輩方に幹事をお願いしました。

新郎と2人で決めた会場へ幹事さん2人にお越し頂き、私たち2人と会場担当者で1回だけ打ち合わせをしました。

会費や予算、自分のやりたいことを1つだけ伝えて、あとはお任せ。

職場の先輩なので、学生時代のことやプライベートなことをあまり知りません。
だから、「何かあれば・・・」と昔からの友人の連絡先を渡しました。

途中のやりとりは、「ゲームの景品はこんなの選んでるよー!」という中間報告だけ。

二次会の内容を一切知ることなく当日を迎えました。

まとめ

中途半端が一番、お互いにとってやりにくいのです。

幹事さんを信用して、中途半端に手を出すことなく全てをお任せしましょう。
丸投げって、なんだか悪い気がしてしまいますが、その心遣いが逆効果なのです。

私は職場の先輩が幹事でしたが、割り切りました。

自分たちでやったのは、会場選びと料理コース選び、会費金額決定、ドレス手配、ゲスト選びと招待メール送信、ゲスト座席決定、プチギフト手配のみです。

あとはBGMもゲームも景品も、司会進行も、全部幹事さん2人にお任せしてノータッチです。

でも、幹事さんからは「丸投げしてもらえてやりやすかったよ。任せてくれて、ありがとう!」と言ってもらえました。

私たちも幹事さんが色々決めて準備してくれたので、披露宴準備に専念できて本当に助かりました。

二次会の内容も、様々なゲストが一体となって楽しめるゲームを用意してくれて、みんなで盛り上がれたので、とても楽しかったです。
景品は自分たちも欲しい商品がたくさんあって、ゲストにも満足してもらえました。

連絡先を渡した友人とも協力してくれていました。友人経由で私たちの母親と連絡をとり、手紙をサプライズで披露してくれました。かなり感動しました。

みなさんも、中途半端に手伝うことなく、信頼できる幹事さんにお任せして、みんなが満足できる二次会を成功させてくださいね☆

スポンサーリンク
広告2
広告2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です