卒花体験談!ゼクシィ相談カウンターを利用するメリット

結婚式の相談カウンターを利用した理由

こんにちわ。さかさやです。

私は式場選びの際に、ゼクシィ 相談カウンターを利用しました。

誰もが知っている結婚情報誌が運営している、相談カウンターです。

評判など、気になっている方も多いと思いますので、卒花の私が、実際利用した理由、そのメリットなどをご紹介します。

スポンサーリンク
広告2

ゼクシィ相談カウンターって何?

ゼクシィ相談カウンターとは、ゼクシィ が運営している結婚式の相談窓口です。

全国に約62店舗あり、ホームページなどから来店予約ができます。

↓ゼクシィの公式サイトはこちらから↓

何を相談できるの?

結婚式に関することなら、基本的に何でも相談にのってくれます。

予算にあう結婚式場をピックアップしてくれたり、海外や国内リゾートも紹介していただけます。

結婚指輪や引出物がディスプレイされている相談カウンターもあり、実物を見られるのでイメージもより具体的になります。

私が利用した理由

私は気になる結婚式場を、あらかじめピックアップしていました。

でも、1つずつ見学やフェアのスケジュールを確認し、予約するのが面倒だったので、相談カウンターに行きました。

そこで、ピックアップした会場と挙式希望日、予想ゲスト人数、予算を伝えました。

カウンタースタッフの方が、私の提案した挙式希望日に予想ゲスト人数での結婚式可能な会場に空きがあるか全て調べてくれました。

その会場が予算にあっているかも考えてくれました。

そして、予算にあう、挙式希望日に希望人数での結婚式が可能な会場のみ、式場見学を手配してくれたのです。

さらに、効率よく時間が使えるように、午前と午後で1日に2か所まわれるようにスケジューリングしてくれました。

メリットに感じたこと

挙式希望日に希望人数にあう会場があいているかを、まず確認してくれたので、無駄な式場見学をすることなく、気に入れば必ず挙式ができるという状態で式場見学に行けたのは大きなメリットでした。

私は5会場くらいピックアップしていましたが、挙式希望日が絶対条件であり、ゲスト人数もそこそこ多かったので、結局、挙式希望日に希望どおりの結婚式ができる会場は2会場だけでした。

自分で1会場ずつ、式場見学を申込みしていたら、きっと、そんなことにも気づかずに、実際式場見学に行ったところで、「希望どおりの結婚式は無理ですね」という説明をされて帰るということを、3会場で経験していたんだと思います。

式場見学やブライダルフェアは1会場で2~3時間程度かかります。

そもそも希望どおりの結婚式が叶わない会場へ行かなくて済んだことは、大きな時間を無駄にせず済んだということになります。

そして、選ばなかった会場への”お断わり”も、ゼクシィ相談カウンターの方にどの会場に決めたか伝えるだけで、それ以外の会場を代わりに断ってくれるので、式場の方の無理な引き留めトークなどに付き合うこともなく、スムーズに断れたので助かりました。

まとめ

1番に思うことは、ゼクシィ相談カウンターのスタッフさんが全てを取りまとめてくださるので、効率よく式場探しができるという点です。

さらに、ゼクシィ相談カウンターのスタッフさんに「この会場に決めました」と報告するだけで、それ以外の会場に断りの連絡を入れてくれるのも、非常に助かりました。

もちろん、気になる会場の気になるウェディングフェアを調べて、自分でスケジュール調整して、式場選びをするというのも、自分の気になるところをきちんと調査できるので、良いと思います。

でも、あまり自分でがんばりすぎずに、プロに頼ってみるのもオススメです。

私は、ゼクシィ相談カウンターを利用して、心から良かったと思っています。

↓ゼクシィの公式サイトはこちらから↓

musician

職業はミュージシャンの卒花です。

「いくつか参列した結婚式の1つ」ではなく、「ほかにはない、ゲストの心に残る結婚式」を目指し、全身全霊をかけて準備しました。

その甲斐あって、数年たった今でも話題になります。

卒花目線で経験やアイディアを紹介し、「お金も時間も賢く使って、ゲストも喜ぶこだわり結婚式をしよう!」というテーマでこのサイトを運営しています。

 オリジナル曲を作ります!

スポンサーリンク
広告2
スポンサーリンク
広告2