ウェディングケーキを節約しつつも自分らしさを演出する方法

結婚式のマストアイテムと言えるくらいのウェディングケーキ。

定番アイテムだけに、想像以上にお金がかかるアイテムでもあります。

私が実際におこなった節約アイディアを含めて、値段を安くおさえるけど自分らしさも演出できちゃう方法をご紹介します。

ウェディングケーキ

スポンサーリンク
広告2

ウェディングケーキの値段

披露宴会場でオーダーするとき、ウェディングケーキは1台いくらという計算ではないのが一般的です。

おおくの場合は下記のような計算でウェディングケーキの値段が決まります。

1人分の単価×ゲスト人数

簡単に考えると、ケーキ屋さんでカットケーキをゲスト人数分買うというイメージです。

そのため、ウェディングケーキのランクによって、1人分の単価が変わります。

ウェディングケーキの相場

私が結婚式をおこなった会場での値段は1人あたり500円~でした。

これは安いほうかも知れません。

だいたい700円~1500円くらいです。

よって、一般的には真ん中くらいの1000円を目安にします。

式場見学で見積もりをもらう場合、最安値で計算されていることがほとんどなので、1人あたり1000円での見積もりを依頼するか、その会場で一番多くオーダーされている金額で見積もってもらうようにしましょう。

ウェディングケーキの金額が変わる理由

ウェディングケーキは、凝れば凝るほど金額が高くなります。

フルーツをたくさん使ったり、希望のデザインでオーダーしたり、高さのあるものや大きいものにした場合、値段も高くなるのです。

そして、1人あたりの単価×ゲスト人数ですので、ゲスト人数が増えれば必然的に高くなります。

ウェディングケーキはどのように選ぶのか

披露宴会場にはウェディングケーキのカタログのようなものがあります。

いくつかの種類のウェディングケーキがあり、そこに1人あたりの単価が記載されています。

その中から自分たちのお気に入りのケーキを選びます。

そこにデザイン追加を希望すれば追加料金がかかります。

また、完全オーダーで好きなデザインのケーキを用意してもらう場合は、ケーキのデザインによって金額が変わります。

プランナーさんに希望のデザインを伝え、対応可否も含めて値段を相談しましょう。

実体験の節約アイディア

私は一番安いシンプルなケーキをオーダーしました。

安いけど、生ケーキでフルーツが乗っている2段重ねのケーキです。

生ケーキって、ケーキカットするケーキをゲストに配ると思いますよね?

会場によっても異なりますが、私が利用した披露宴会場は、ケーキカットをする飾り用のケーキと、ゲストに配膳されるケーキは別でした。

ケーキカットしたケーキを配膳してるかのように見えるくらい、そっくりなケーキが配膳されるんですけどね。

ケーキカットして、ファーストバイトで使う部分のみ食べられるケーキを埋め込みます。

生ケーキに見えるけど、イミテーションケーキのようなものですね。

そう聞いて、ゲストが食べるものでないのなら、衛生面で気を遣う必要がないことに気づきました。

そこで、自分たちで飾り付けして良いか聞いたのです。

答えはOK!

一応、配膳されるケーキと思わせるためにも、実際の食べられるケーキでも使われるマジパンで人形を手作りしました。

それをプランナーさんに渡したところ、シェフの手に渡り、当日きちんとケーキに乗せてくれました。

ゲストの評判

マジパン細工なんて、やったことなかったので、手作り感満載の人形でした。

でも、それにより「手作りしたんだ!」ってことが、伝えなくても伝わりました。

ほかにも手作りアイテムがたくさんの結婚式だったので、ウェディングケーキまで自分たちでアレンジしていることが、細部まで手を抜かずに手作りで自分たちらしさを表現しているとゲストは感じてくれました。

だから大好評☆

最低価格のケーキだったけど、オリジナリティを評価してもらえる、大満足のウェディングケーキになったのです。

まとめ

ウェディングケーキは会場によって様々です。

私のように、オーダーしたケーキをゲストに配膳しない会場もあれば、ケーキカットの時に会場に運ばれ、それをゲストに配膳する会場もあるでしょう。

だから、私のアイディアが全部の会場で使えるかと言えば、そうではありません。

大切なのは、会場見学の見積もりの時にウェディングケーキについて確認することです。

先輩カップルの最多オーダー価格で見積もりしてもらったり、希望のデザインがあるなら、いくらくらいでオーダーできるのかを相談します。

持ち込む場合の持ち込み料は?自分たちでアレンジできる?など、早め早めの相談が鍵です!

賢くオトクに、2人らしいウェディングケーキを用意して、ゲストを感動させましょう♪

2013年7月に結婚式を挙げた、卒花です。

職業はミュージシャン♪

「いくつか参列した結婚式の1つ」ではなく、「ほかにはない、ゲストの心に残る結婚式」を目指し、全身全霊をかけて準備しました。

その甲斐あって、5年以上経った今でも話題になります。

卒花目線で経験やアイディアを紹介し、1組でも多くの新郎新婦の役に立ちたい!!という思いで、このサイトを運営しています。

オリジナル曲を作ります!

スポンサーリンク
広告2
広告2